カテゴリ
最新記事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
年会費無料で使えるゴールドカード
クレジットカードの中でもゴールドカードを持っていることは一種のステータスのようなものです。
一般的なクレジットカードは年会費無料のものが多くありますが、通常ゴールドカードの場合には年会費がかかります。
しかし最近では年会費が無料になっているゴールドカードもあるのです。
年会費が無料のものと、条件次第で無料になるものをいくつか比較していきたいと思います。



年会費無料のものは、「セブンカード」のゴールドカード、「銀聯カード」、「イオンゴールドカード」などです。
セブンカードは、「セブン&アイグループ」が発行しているゴールドカードで、セブンカードを利用しているカード会員に利用実績に応じてゴールドカードの招待状が届くことで入会可能なカードとなっています。
銀聯カードは、三菱UFJニコスと中国銀聯が提携して発行しているゴールドカードで、中国へ渡航する人向けのクレジットカードとなっています。
現地での使い勝手がいいカードとなっています。
イオンゴールドカードは、イオンクレジットが発行しているゴールドカードです。
こちらもセブンカード同様に自分から申し込むのではなく、通常のイオンカードを利用していて、利用実績が一定金額以上になると招待状が届いて入会できるゴールドカードとなっています。
それぞれの利用限度額を比較してみます。
セブンカードの利用限度額は審査によって決まります。
銀聯カードの場合はショッピング利用で10万円から200万円までの間となっていて、イオンゴールドカードの場合は100万円から200万円となっています。
付帯保険としてはセブンカードがショッピング保険100万円、銀聯カードはショッピング保険100万円、海外旅行傷害保険が最高2000万円自動付帯となっていて、国内旅行傷害保険は旅行代金をカードで支払った場合に限り最高2000万円付帯してきます。
イオンゴールドカードは、ショッピング保険300万円、海外旅行傷害保険が最高3,000万円自動付帯、国内旅行傷害保険は旅行代金をカードで支払った場合に限り最高3,000万円付帯してきます。


続いて条件次第で年会費無料となるゴールドカードを比較してみます。
「NTTグループカード」のゴールドカードは年会費が通常5,250円かかりますが年間で100万円以上利用すれば翌年度の年会費が無料となります。
「小田急ポイントカード」のゴールドカードは年会費が通常10,500円かかりますが年間で200万円以上利用すれば翌年度の年会費が無料となります。
クレジットカードの利用限度額を比較してみると、NTTグループカードのゴールドでは個別設定となっていて、小田急ポイントカードのゴールドでは50万円から100万円となっています。
付帯保険としてはNTTグループカードがショッピング保険300万円、海外旅行傷害保険が最高5,000万円自動付帯、国内旅行傷害保険は旅行代金をカードで支払った場合最高5,000万円付帯してきます。
小田急ポイントカードは海外旅行傷害保険が最高1億円自動付帯、国内旅行傷害保険が最高5,000万円自動付帯しています。

NTTグループカードはNTTファイナンスが発行しているゴールドカードで、一般のNTTグループのクレジットカード同様に通信費やガソリン代などがお得になる人気のカードです。
NTTグループカードは人気のクレジットカードです。
その機能に加えてゴールドカードでは、高額な海外旅行保険や空港ラウンジサービスといったワンランク上のサービスの提供をしています。
NTTグループで利用した電話料金や携帯電話の利用料金、OCNのプロバイダ料金など獲得ポイント数に応じてキャッシュバックしてもらうことができます。
出光でのガソリン給油代割引など様々なサービスが満載のクレジットカードです。

小田急ポイントカードは、小田急グループでの利用によってポイントが貯まるカードです。
ショッピングだけではなくPASMOのチャージや特急券の購入などでもポイントを貯めることができます。
ゴールドカードの限定サービスとして、旅行傷害保険のサービスや空港ラウンジサービスを提供しています。



マネー クレジットカード | 【2014-04-14(Mon) 22:47:05】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。