カテゴリ
最新記事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
デビットカードで家計を赤字体質から黒字にする
買い物の支払いと同時に金融機関の預貯金口座から即座に買い物代金が引き落とされるデビットカード。
事前審査が不要で預金口座が開設できる人なら誰でも利用でき、クレジットカードや現金と比べ家計管理がしやすいなどの利点があります。
秋にはJCBが参入する予定で、注目が高まっているそうです。


デビットカードの活用術

夫婦共働きで毎月の手取りは合計で約40万円ある家庭が、買い物の支払いは現金やクレジットカードで、多忙で家計簿を付けて収支を振り返る暇もなく、毎月1~2万円の赤字が続いていたという夫婦。

そこで貯蓄に充てる3万円をあらかじめ別口座に分け、預金口座に残した生活費を基本的にデビットカードで支払うようにしたところ、預金口座の残高を常に意識して買い物をするようになり、無駄な支出が減少し、収支は3万円以上の黒字に転換したという例があります。

デビットカードはクレジットカードや電子マネーなどと同じ決済手段の一種で、家計管理をしやすくなるのが最大の長所です。
デビットカードは基本的に預金口座の残高の範囲内でしか利用できないしくみです。
残高がゼロだったり、買い物の代金が残高より大きかったりすると支払えないということです。

買い物をした直後に口座から代金を引かれるので、約1カ月ごとにまとめて引き落とすクレジットカードより支出の把握が容易です。
利用した日や金額も預金通帳などで確認できるため、現金で支払って家計簿を付けるよりも手間も省けます。



スポンサーサイト


マネー クレジットカード | 【2014-09-27(Sat) 17:58:54】 | Trackback(-) | Comments(-)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。